Author: addminz | Date: 2014年12月12日 | Please Comment!

唐突ですが、三重はうなぎ屋が日本一多いという事を知っていますか?

江戸時代の頃から贅沢品として扱われており、城下町や宿場町でちょっと余裕がある方々が頂いていたそうなのです。

しかも三重はその頃、養殖で盛んだった地域という事もあってうなぎ料理の文化がいち早く育ったとも言われているのです。

そんな絶好のポイントで、今回うなぎ料理が大好きな管理人さんが食べ比べをした結果をランキングにしてサイトを設立した様なのです。

このサイトではその管理人さんのサイト情報や、三重で食べたものについて詳しくレポートしてみたいと思います。

またお持ち帰りが可能かや料理の事はもちろん、それ以外の店舗の雰囲気についてを細かに紹介させて頂きたいと思います。

今回は三重でのレポートですが、皆さんのアクセス次第では他の件での食べ歩きもあるかも知れませんね。

では始めに、皆さんにはちょっとだけうなぎの歴史について学んで頂きたいと思いますのでよろしくお願いします。

普段、私達がおいしく食べているうなぎですがどういった流れで調理や加工がされているのでしょうか。

まずうなぎは元々全国で食用にされ、日本ではうな丼を筆頭に様々な調理方法が考案されて、古くから食文化に深い関わりがあると言われている食材なのです。

漁業・養殖共もしており昭和45年頃まで静岡、愛知、三重が国内生産量の90%程を占めていたといわれています。

また江戸時代の頃、うなぎの事を「江戸前」と呼び蒲焼が大流行したとも言われています。

そんなに古くから愛されてやまないのですが年々養殖、漁業であがってくる量が減っている為に貴重な食材となっている事も確かです。

更に詳しい情報に関しては今から紹介させて頂くサイトに掲載されています。

三重はうなぎ天国!を見てみよう

おいしく食べるなら、その食材の歴史から知る事でより深く味わえると思いますのでよかったらアクセスして見て下さいね。

では、三重で食べ比べてきたうなぎ屋さんについてのランキングを紹介させて頂きます。